最近作ったもの

某会社にバイトで入って、かれこれ一年。週一が週二に増えました(^o^)

独立自営というのは、なかなか実現しませんが、こうしてお仕事ができてるのは嬉しい事です。
チラシ作成の在宅も、一年続けさせて頂いてます。ありがたや、ありがたや。

最近は、主に、既成サイトの画像作成が多いです。イラストは、フリー画像を使う事が多いです。経費節減っていうか、サイト画像にお金を出すという概念が無い環境なので仕方ないです。自分で描いてもいいんだけど、時間的なものもあるしね~。

そんなわけで、フリー画像使いまくりですが、最近作ったバナーや、タイトル画像です。

oosakaboard1

buntsu2

karutehonyaku mineralbanar

上は、英語版「大阪掲示板」です。
海外の人に、自由に大阪について書いてもらうためのページのタイトル画像です。
コンセプトは、「コテコテ」感を出す、でしょうかね(笑)大阪名物を並べまくりました(笑)

まん中は、おなじみ「いらすとや」さんを使って作りました。文通サイトのタイトル画像です。
長年、昭和チックなサイトだったのですが、利用者を増やしたいとの社長の依頼でド派手に作りましたが、正直、サイトには合って無いような気がしてきて・・・う~ん。タイトルだけ変えずに、フルモデルチェンジの方がいいのではなかったのかな・・・。様子見ですね。

下のふたつは、これまた昭和チックなバナーを10年近く使っていたので、現代風に作り直してほしいという事で、作ったものです。
ありがたいことに、評判はいいです。
リンクを張ってありますので、よかったら実在サイトをご覧くださいませ。

0

Web講師とWeb担当

presentation_pc_woman今、実際にWeb担当として会社で働くようになってから思う事がいくつかあります。

Web講師をしている時は、実際の現場を知らなかったという事もあり、幅広く教えなきゃという思いが強かったと思います。
Photoshopの使い方にしても、教科書を網羅するだけで時間が無くなってしまうようなスケジュールの中で、なんとか画像加工の時間をねじ込んでた、、みたいな部分もあります。

生徒も、教科書から外れた事を授業でやると、教科書と違う事をやったと苦情を言って来たり、最悪なパターンだとハローワークに言いに行く生徒もいて、その結果、型にはまった授業しか出来ないという息苦しさもありました。
主催の国も、自由に授業をさせようという考えではなく、教科書網羅に力を入れ、臨機応変を認めない所があり、事前に報告した教科書以外は使用させてくれないという不自由さがありました。
聞く話によると、求職者支援訓練校は割と融通が利くみたいで、講師に任されてるところもあるみたいです。

いざ、自分がWeb担当として働くようになって思う事は、

  • 実際に使う技術は非常に少なく、偏っているという事
  • IT環境が恵まれていない可能性が高いという事
  • Web担当者が自分だけの場合、最新の知識から取り残されてしまう事
  • HTMLの勉強をガッツリやってれば、WPのカスタマイズにしろ、バナー作成の「この部分にリンク張って」とかいうリクエストにしろ、対応できること

もし今、Web講師に戻る事があれば、そしてある程度、授業の進め方に声を発する事が出来るのであれば、提案したいことは以下の事。

  • HTML+CSSは時間をかけて、Webクリエーターの資格試験合格レベルまでは実力を付ける
  • Photoshopの授業は、テキスト網羅はせず、画像加工とWebデザインカンプをメインにする。教科書はその為の参考書扱い
  • Illustratorの授業も同様で、デザインを作る事に特化する。教科書は参考書扱い
  • Javascriptは基本的な部分はしっかりやる
  • Dreamweaverは今まで通り(jQueryはここで実技でいいと思う)
  • flash、FireWorksは座学でいいかと(実技は必要であれば職場で少しやれば身に付くので)
  • サイト作成はグループ作成ではなく、たとえ3Pでも、自分一人で作る
  • 職場によっては孤立してしまうので、横とのつながりを作る様にアドバイス

こんな風にできたらいいかなと思います。

pasokon_kyoushitsu_woman今実際にWeb担当をするようになって、WPのカスタマイズはHTML+CSSの知識が無いと無理だろうなと思うし、photoshopの画像処理は絶対に必須だし。今の会社には残念ながらPhotoshopが無く、代わりにFireworksしか無いのだけど、コツさえ掴めばすぐに使いこなせるのであえて授業に取り入れる必要もないかと。

以前のように、フルタイムで講師の仕事をするのは無理だけど、もし単発で授業をさせてもらえる事があれば、提案してみたいなぁと思います。
その時にちゃんと雇ってもらえるように、フォトショの資格試験受けておいたほうがいいかもしれないけど(´・ω・`;)

1+

ワードプレス勉強会

wordpress

かなり前の話、2月に大阪の南港で「ワードプレス勉強会」がありました。
たまたまネットで見つけて申し込んだのですが、この勉強会のおかげでワードプレスを使えるようになりました。

それまでは、ワードプレス(以下、WPで表記)って名前は知ってたけど、どういうものなのか、HTMLで作るサイトと何が違うのか、さっぱり分かりませんでした。ただ、Web屋さんのお友達から、「WPはやっておいた方がいい」と言われていたので、どうにか勉強したいと思っていました。

勉強会は半日で5000円、パソコン持参という事で、ひさしぶりに生徒気分を味わってきました。
当日の参加者は8人くらい。WPの経験者は半分くらい。

勉強会は初心者向けだったので、レンタルサーバの登録、WPのインストール、設定の仕方、質疑応答という内容でした。
インストールしたテーマは「BizVektor(ビズベクトル)」です。

早速、翌日自宅のパソコンにBizVektorをインストールし、いろいろ設定をしてみました。
講師の先生は、「テキストなんて要らないよ」とおっしゃってたのだけど、不安なアラフィフは、BizVektorを教材にした本を見つけて買っちゃいました(笑)この本で、カスタマイズも少しだけできるようになりました。

週に1日だけ、某会社のWEB要員でアルバイトをしていたので、早速BizVektorを使って、会社のサイトを作り始めました。
慣れて来ると、逆にBizVektorでは不十分だと感じてきたので、テーマを変えてみる事にしました。あーでもない、こーでもないと、あれこれいじってるうちに、WPの使い方が理解できてきて、カスタマイズもCSS編集程度ですが、できるようになりました。

独学もいいけれど、やっぱり講習会や学校は行くと理解が早いですよね。
次は、HTMLで何ページか作って、それをWPに変えていく講座に参加したいと思っています。それを勉強したら、人様のテーマに頼らず、自分のオリジナルWPが作れるので、大きくキャリアアップできそう!
2月の講座で隣の席の女の子と仲良くなって、実は今も交流中(^o^) お互いに、何かいい講習会があったら参加しようね、と情報交換などしてます。
ぜひ皆様も、機会があれば講習会に積極的に参加してみてくださいね。

2+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

ペンタブレットを購入

ずっと欲しかったワコムのペンタブレット、ついに購入しました!

ソフトはPhotoshopがあるので、一番シンプルな、ソフトの付いていないものを購入しました。
Amazonで買ったので約7500円程でした。かなりお得です(^o^)

で、最初に写真のように、ペンが触れる部分にトレーシングペーパーを張り付けました。マスキングテープを使うととってもかわいい仕上がりに!こうする事で、傷が付かずに済むそうです。

 

IMG_2306

ペンタブで描きたいのは、かわいい動物の水彩画。
その為にはやはりマウスで塗るには限界があるし、なんといっても、ペン圧はペンでこそ出るというか・・・。

でもやっぱりマンガも描きたいので、早速ですが、ひかわきょうこ先生風の絵で(笑)

 

 

ひかわ風スターシャ

 

何描いてるんだか(笑)

 

 

 

 

1+

新規リニューアル

未分類

おひさしぶりです。きりこです。

やっとブログのリニューアルが始まりました。(完了するのはかなり先かも)
このブログは、別で準備した「ポートフォリオ」の1ページとして公開するものになります。ポートフォリオは履歴書のWEBサイトバージョンみたいなもので、デザイナーやWEBクリエーターなどが自分の作品を公開してることが多いです。

最近の私の近況ですが、インストラクターの仕事は、派遣登録している大学の非常勤講師がたまにある程度です。
ありがたい事に、最近は念願のWEBサイト制作や、DTPの仕事をさせてもらっています。在宅であったり、週に1~2日、会社に行ってWebサイトを作成するという感じです。

以前のようにバリバリと働きたい気持ちと、ゆっくり過ごしたい気持ちが交差して、なんとも中途半端な状態って気もしますが、年相応とはこういう事を言うのかななんて考えたり・・・。
よろしければ、ぜひ再びお付き合い頂ければと思います。

コメント欄ですが、以前は投稿日から10日後に閉める設定になっておりましたが、現在はコメント可能になっています(承認制)
なるべく早めに返信するよう心がけますが、忙しい日が多いため、すみませんが、のんびり長いお心でお待ちください。

1+